2016年4月12日火曜日

ゲーム三国天武 戦闘の実践4 防御用援軍い向いている兵種②【アップデート使いやすくなった2兵種】

過去記事で防御用(援軍)に向いている兵種について説明をしています。

過去記事 戦闘の実践2 防御用援軍に向いている兵種【目的に応じて軍団員にお願いしよう!】

先月およびその前のアップデートで、兵種の能力変更が行われ、援軍に使い易い、援軍にいると心強い兵種が増えています!!

その2兵種は、いままであまり使っている方が少なかった、「勇士」と「衝車」です!!

これらの2兵種はアップデートによって必須スペースが削減されました。

勇士についてはスペース10に、
衝車についてはスペース15に、
それぞれ減少しています!!

2兵種は、共に体力が高いという特徴があるとともに、それぞれの特色があります。




勇士は、何と言っても攻撃が範囲攻撃であることです!!
敵に囲まれても、攻撃範囲が広いので、一気に敵を叩いてくれます。




衝車は、その移動速度が魅力です!
弓騎兵や狼魂とともに先陣を切ってくれるので、盾として、非常に優秀です!!

必要スペースが減少したことによって、これらの兵種を防御用の援軍として使うことが実戦的に可能となりました♪

援軍を受け入れることができる同盟軍幕営はコスト計36まで受け入れができます!

兵種は1種類よりはより多種入っていた方が処理しにくい傾向にあるので、例えば、

勇士(10)、虎豹騎×2(10)、太平(12)、方士(4)



衝車(15)、虎豹騎(5)、太平(12)、方士(4)

といった援軍は非常に有効だと思います!!

ただし、援軍をもらう時には、できればレベルマックスの兵種をもらうようにしましょう!!

これは、それぞれの兵種とも、最後の1レベルで、攻撃力、耐久共に大きく上がるからです!!

特に、方士についてはLV7の方士をもらうようにしないと、敵の方士LV7を一撃で倒せません。

余力があれば、防御用に使える兵種のレベルをまずはマックスまで持っていくのが良いと思います。

方士は攻撃力、範囲攻撃の点で、優秀な援軍となります!!

 

▶︎
 三国天武攻略情報まとめ Main Menu
▶︎ 三国天武プレー日記 プレー日記一覧