2016年2月14日日曜日

ゲーム三国天武 ☆7盾武将許楮の倒し方(許楮は相手の攻撃を反射し吸収する)

ゲーム三国天武の武将の中で、異色のスキルを持つ武将の一人として☆7盾武将「聖許褚」がいます。

聖許褚はダメージの50%を反射し、かつ一定のダメージを吸収するスキルを持っています!!

この「反射」の能力こそ、許楮の最大の魅力です!!

許褚は、どちらかと言えば、城の「防御」に適した武将です!
非常に体力が高いにも関わらず、反射能力を持つ上、一定のダメージを吸収するので、倒れないどころが、攻撃する見方が次々と倒れてしまいます。

覚醒許楮の最大体力は8515ですが、これに天命による体力加算と宝物による属性が加わると、合計で15,000を超える体力を持つ怪物になります!!






盾系金色宝物
☆属性の最大50%回復に加え、体力防御壁、最大体力アップ、体力回復属性等、体力を増強する属性が多数あります。



さて、このように、体力が高い上に反射能力をもつ許褚をどのように倒すか。
実践でも非常に難しい問題ですが、基本的な考え方は、

「味方の体力を回復しながら倒す」です。

許褚が反射するのは、ダメージ量の半分です。

攻撃力の高い攻撃は諸刃の剣として自分に跳ね返ってきます。

でも、こちらも体力を回復しながら攻撃を続ければ、許楮の体力が常に回復をする状況がない限り、倒すことができます。

そこで、許褚がいる城を攻める時は、常に見方の「回復」を意識して攻めなければなりません。

見方の回復で最も手頃なのは、兵種である青襄師です。



青襄師は、遠距離にある対象とその周囲を範囲で回復します!
もっとも手頃な回復手段ですが、遠距離にある対象が回復対象で、それ以外の見方は回復できないのが残念なところです。

そこで、オススメする回復手段が、☆7扇武将貂蝉です!



貂蝉というと、味方武将の復活に目が行きがちですが、そのスキルには「周りの友軍に15秒間合計7475の体力回復」があります。

この体力回復は、自分を中心とした一定範囲内の友軍全てが対象になるので、青襄師の様に1対象者ではなく、付近の味方全体に影響が届きます。

攻城時には如何に見方をばらけさせないかというのも、一つの戦略です。

ある程度まとまっていた方が、それだけ攻撃力があがります。
その中心に貂蝉がいれば、許褚を攻撃しながら、回復が可能となるわけです。

ただし、貂蝉は☆7無双イベントの武将となりますので、☆6武将「魅小喬」や☆5武将「華佗」で代用して、自分にとっての使いやすさを検討すると良いかもしれません。






蛇足ですが、対許褚1体であれば、天命や宝物の影響はありますがアップデート後の覚醒関羽で一騎打ちに勝利できます!!

ただ、関羽も瀕死の状態になりますし、他の施設を壊せないので、実戦ではあまりおすすめできません。


▶︎ 三国天武攻略情報まとめ Main Menu
▶︎ 三国天武プレー日記 プレー日記一覧