2015年8月8日土曜日

【三国天武】戦闘の基礎2 主城を狙いたいのに武将が城壁の外周を回ってしまって困ってしまうときの対応【木牛・ジャンプ・サイドカット】

攻城を行う際の勝利条件は、

① 50%破壊
② 主城陥落
③ 100%破壊

であることは、戦闘の基礎1でお伝えした通りで、勝利するのに一番簡単な方法は①の50%破壊が一番手軽です。

でも、特に軍団戦では主城を狙わなければならない場面があります。
(新仕様では主城を落とさないと敵軍都市を陥落させたことにはなりません。)

特に、三国天武を始めたばかりの時は、主城を狙いたいのに、なぜか武将は城壁の周りをくるくる回って、主城に向かってくれない時が多々あり、ちょっとイラッとしたりもします(笑)

剣や盾は攻撃範囲が1しか無いため、離れた対象を攻撃でき無いのですが、攻撃対象は一番近いターゲットに向かいます。

そして、城壁がある場合には、城壁がないターゲットに向かう傾向が、特に武将にはあるように思われます。

では、どうすれば城壁があっても中心に向かって行けるのか、

方法はいくつかあります。


① 木牛を使って先に城壁を破壊する

木牛は城壁に対して攻撃力が5倍となります(自爆しますが)
この木牛を使って、先に城壁を破壊することで、「道」を作って中心に進ませることができます。

ただし、木牛は注意が必要で、体力が非常に低いので、城壁にたどり着く前に攻撃されてしまうと、爆発する前に死んでしまいます。

ですので、先に騎兵を出して敵の攻撃を引きつけた後に、木牛を出すことで、攻撃を受けずに城壁までたどり着けるように工夫するといいでしょう。


② 武将能力「ジャンプ」を利用する

☆7馬超、☆6甘寧、☆4馬岱はアクティブスキルを使うことで範囲内の仲間と共に一定時間、城壁を飛び越えることができます。



城壁を飛び越えれば、城壁を回ることなく、中心に向かうことができます。

ただし、時間が決まっている(☆7馬超でも12秒間)ことと、城壁が壊れていないため、追加の援軍を出すことができないのが難点です。
打たれ強い盾武将(張飛とか)と、圧倒的な破壊力を持つ武将(関羽とか)と共に飛び込むのは一つの戦略としてありだと思います。


③ サイドカットを行う

現実的な戦法としてお勧めしたいのはこの「サイドカット」です。

サイドカットは、簡単に言うと兵を小出しにして(弓兵がお勧め)、先に外周と城壁の内側の建物を壊してしまい、その後に武将を登場させて主城を狙います。

①の木牛と組み合わせる方法も良いと思います。

攻城の戦法に絶対はありません。

自分が持っている武将の種類に応じて色々と工夫してみるのも良いと思います。


▶︎ 三国天武攻略情報まとめ Main Menu

▶︎ 三国天武プレー日記 プレー日記一覧