2015年7月26日日曜日

【三国天武】 軍団の基礎2 軍団に参加することのメリット【援兵・武将派遣・軍団戦の概要】


  軍団の基礎1の続き

4 援兵の要請と援兵の派兵

「同盟軍幕営」を選択すると、画面下部に「援兵」メニューが表示されます。

援兵は攻城時に味方の援軍として出撃させることができるのと、敵軍が攻めてきた時には防御に回ってくれる大変頼もしい存在です。

また、軍団の仲間が援兵を要請してきた際に援軍を送ると、将魂が手に入ります(1日の上限あり。)

5 瑠璃塔の宝箱探索任務での武将の派遣要請と武将の派遣

瑠璃塔での宝箱の探索任務は、非常に重要ですが、武将を転生したり、上位武将を作成すると、探索業務に従事する武将が居ないときがあります。

軍団に加入している場合には、探索任務において他の軍団員に武将の派遣要請を行うことができます。
自分が持っていない武将を軍団員から借用して探索任務が実行できる訳です。

派遣要請出来るのは1日2回までと決まっています。

逆に軍団員の派遣要請に武将を派遣すると、宝物の再製鐡に必要な宝砂が手に入ります。

一度派遣した武将は30分間は他の任務を行うことができません。

6 軍団戦への参加

軍団員が30名を超えると軍団戦に参戦できるようになります。

軍団戦は軍団同士の団体戦になります。

防壁数(1から5)を0にすると城が占領されます。

勝敗は通常の攻城と同じく、
① 50%以上破壊
② 主城の破壊
③ 100%破壊

で、各1づつ削ることができます。

戦闘は土曜日の9時〜24時59分及び日曜日の9時〜24時59分まで行うことができます。

一度占領された城も、奪還に成功すると当初の防壁数に戻すことができます。

軍団戦終了時には、占領時間に応じた資源が手に入るとともに、報酬をもらうことができます。

報酬は、☆7転生令、金銭、兵糧、吉札、宝物、武将(星5まで)、天武石となっています。

転生令欲しいですね♪

軍団戦についての戦略はまた別の機会に。

7 領土戦への参加

平成28年6月から領土戦システムが実装されました。
領土戦の参加には軍団レベル20が必要となります。

領土戦に勝利することによって、領土メニューの「俸禄」から取得できる金塊の量が増加します。

金塊は100溜まると将印ガチャを引くことができます。

将印は武将の能力を向上させることができるので、軍団に参加し将印を取得できるメリットは非常に大きいです!!



以上のように、軍団に参加するといくつものメリットがあります。

ただし、軍団には一定のルールがある場合がほとんどです。

自分のゲームスタイルにあった軍団を選ぶのが大事になってきます。


▶︎ 三国天武攻略情報まとめ Main Menu

▶︎ 三国天武プレー日記 プレー日記一覧