2015年5月24日日曜日

三国天武 城配置の基礎1 城作りの前に造成作業を行おう!!

主城レベル3になるとそれなりの建築物を立てることができます。


下の画像は主城レベル3になってすべての建築物を建ててみましたが、障害物をよけながらの建築だったので、バラバラに配置されています。



これらの建築物を敵が攻めづらい形に配置していく訳ですが、綺麗に配置するためには、まずは、周りの障害物を取り除いていかなければなりません。

障害物を取り除くメリットは2つあります。

1つ目は、元宝がもらえることです。

もらえる元宝の量は少ないですが、ただでさえ貴重な元宝ですから、ちりも積もれば山となるです。

2つ目は、建築功績の中に『障害を取り除く』という功績内容があり、取り除いた障害の数に応じて経験値と元宝がもらえます。


ところが、障害を取り除くにも資源が必要です。

はじめたばかりの頃は、1万の金や兵糧は貴重に感じますが、ここは割り切って天下統一で稼いだ資源を、障害の除去に充当することをお勧めします。


造成工事の開始です!





造成工事が終わりました。

みていただくとわかるとおり、障害物を除去したことで、右上の元宝が217から353に136増えています!!


ちなみに虎を残しているのは、敢えて虎だけは残したかったからです。

オブジェクトとして(笑)


障害物は毎日いくつか増えるので、見つけたら除去するようにしましょう。



これで、城の配置を行う準備が整いました。

主城3の状態でとりあえず配置をします。
次は主城4を目指します!!



▶︎ 三国天武攻略情報まとめ Main Menu

▶︎ 三国天武プレー日記 プレー日記一覧